財団について

福岡県公衆衛生協会の紹介

本会は、県民の安全・安心な生活をめざし、公衆衛生の向上、健康で文化的な生活に寄与する事を目的に今日まで公衆衛生の普及向上に努めてきました。

「公衆衛生学」は、健康増進や感染症予防、母子保健や食品衛生などについて研究し日常生活の「安全・安心」を実現させるために役立てる重要な分野です。
近年では、超高齢化社会に対する介護予防や生活習慣病対策から、児童虐待や健康危機管理、新型インフルエンザ等の感染症対策など、取り組む課題は多岐にわたり、迅速な対応が求められるものが増加しています。

このように、公衆衛生は時代の必要に応じて新しい領域を開き、社会の健康問題に対処していく必要があります。 本会は、保健医療の他幅広い関係分野の組織や人と連携・協働しながら事業の充実・発展をしてまいりたいと考えます。 従来にも増して、皆様のご支援をよろしくお願いします。

福岡県公衆衛生協会の経緯

  1. 沿革
    昭和30年8月8日 設置
    昭和52年 「財団法人」に認可
    平成25年4月  「公益財団法人」に認定
  2. 設立当初の取り組み
    ・結核対策 ・家族計画 ・蚊、ハエの撲滅 ・公衆浴場、美・理容所の衛生問題等
  3. 高度経済成長期の取り組み
    ・公害問題 ・生活とストレス ・三大成人病等
  4. 近年の取り組み
    ・地域医療の推進 ・地域包括ケアに向けた推進 ・生活習慣病対策 ・新型インフルエンザ等感染症対策 ・精神保健福祉対策等
  5. 実施している事業
    ・福岡県公衆衛生学会    (健康増進課との共催)  ・保健・環境フェア    (保健環境研究所との共催)  ・健康21世紀福岡県大会   (県等との共催)  ・福岡県公衆衛生大会    (県等との共催)

 協会資料

定款
(WORDファイル)
ダウンロード

役員
(PDFファイル)
ダウンロード

評議員
(PDFファイル)
ダウンロード

入会申込書
(EXCELファイル)
ダウンロード